EQUIPMENT 機材紹介

TRAINIG トレーニング

WORKSHOP ワークショップ

WORKSHOP ワークショップ (close)

器を美しく再生する
金継ぎ漆(週末クラス)

金継ぎとは、割れたり欠けたりした器を漆で接着し、接着部分を金や銀で装飾して仕上げる日本独自の修復技術です。修理後の継ぎ目を「景色」と称して趣を楽しむという、日本人らしい美学が詰まっています。大切にしている器を自分で修繕して、新たな景色を楽しみながら大切に使っていきませんか。
ただ修復するノウハウを学ぶのではなく、いかに「景色」を楽しむか、美しく再生させるかということにも着眼します。敷居が高く思われがちな金継ぎですが、この機会にぜひチャレンジしてみてください。

※本ワークショップは全5回のコース申込となります。

 
<全5回>
① 4月24日(日) 金継ぎの基本・器の状態と診断・充填/接着
② 5月22日(日) 研ぎ塗り
③ 6月26日(日) 研ぎ塗り
④ 7月24日(日) 粉蒔き
⑤ 8月28日(日) 磨き・総評

 

◎追記(@4/7)
今期より、過去にFERMENTが主催する金継ぎクラスに参加された方に限り、単発受講ができるようになります。
準備してある道具などを自由に使い、ご自身で修復していただけます。
道具や修繕法に幾分か違いはありますが、気にならないようでしたら、平日クラスを受講された方もご参加いただけます。
詳細:【経験者限定】金継ぎ(単発受講)

講師プロフィール
藤田美穂
金継ぎ作家
photo_kintsugifujita
金継ぎ作家。金継ぎをアートやあそび感覚を交えた表現で提案。ワークショップを中心に活動。葉山在住。

2014年4月 KINTSUGI ART「A・SO・BI」展(PARIS)参加
Instagram: mihofujita

日程 2016年4月24日、5月22日、6月26日、7月24日、8月28日 ※いずれも日曜日
時間 13:00~15:30
参加費 20,000円(全5回)
※FERMENTのご利用がはじめての方は、入会登録費1,500円を別途頂戴いたします。
対象 一般
定員 10名
持ち物 修復したい器3個程度、エプロン、器が入る箱、洗濯バサミ数個、筆記用具
備考・注意点 ・漆は個人差や体調によりますが、かぶれる場合があります。こちらでも手袋をご用意して注意しながら進めていきますが、長袖を着用、髪ゴムやヘアバンドで髪が落ちないようにすることをおすすめします。なお、漆かぶれの医療補償等、責任は負いかねます。ご了承ください。
・器は漆が乾かない状態で毎回持ち帰ります。器が入る箱をご用意ください。
・金や銀をお使いの場合、別途費用がかかります。
・小さな欠け、2~3パーツの割れている器をおすすめいたします。器がない場合にはこちらでご用意しますのでお申し込み時にお知らせください。